自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

自己破産後にクレジットカードを作れるのは何年後?

複数のクレジットカードを作ってしまったり、消費者金融業者などから多額の借り入れをしてしまう人が増加していると言われています。
複数の金融業者から借り入れをしてしまうことで、毎月の支払い期日が到来しても返済することができない人もいると考えられます。
借金をするべき支払い期日が到来しても、支払っていくための資金がない人の場合には自己破産の手続きをすることもできます。
自己破産をすることによって返済の義務がなくなりますので、自己破産後は全ての借金を支払う必要がなくなります。
借金の全てについて免除してもらえる手続きになりますので、自己破産後は手に入れた収入について全て自分の生活のために使用することが可能です。
自己破産後にはいくつかのペナルティがあると言うことができて、そのうちの1つとして、クレジットカードやその他の住宅ローンや自動車ローンなどが組みにくくなるというものがあります。
クレジットカードを発行している信販会社やカードローンなどのサービスを行っている消費者金融業者では、借り入れの申し込みを受けたときに審査をすることによって、申し込み者の返済能力や信用情報について確認することになります。
自己破産などの債務整理の手続きを行った人の場合には、ブラックリストとして登録されますので、金融業者の融資サービスに申し込みをしたときには審査が通らないものと考えられます。
そのために、自己破産後には新規の借り入れはできないものと考えておいた方が良いでしょう。
ブラックリストの登録については、解除されるまでにおよそ10年ほどと言われています。