自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

自己破産後はもう一生借入は出来ないのか?

借金が収入を上回ると返済を続けることが困難となりますが、そこから返済のために借金をするのが多重債務者の特長となります。この時点で企業で言えば赤字の状態ですし債務超過となっていますので、返済を続けていくことが困難となります。借入先にもよりますが、借金の総額が高額となった場合には返済は難しくなりますので、自己破産を選択し債務整理を行うのが最適です。自己破産後は様々な制限が設けられますが、その中に新たに借入れができない制限があります。自己破産後は債務が免除されますが、メリットが多い分その後の借金ができなくなるのです。自己破産は信用情報機関に登録されてしまいますので、登録が解除されるまでは融資審査には通らなくなります。自己破産をした人に借入れを許す金融業者はありませんので、覚悟の上で自己破産を申請することになります。信用情報機関では自己破産後5年から10年間は登録されてしまいますので、その期間が終わるまでは借金ができなくなります。登録される期間が異なるのは信用情報機関が複数あるためで、それぞれに登録される年数が異なっているのです。最短で5年ですが長いところでは10年間登録されてしまうため、以降の借金は確実にできなくなるのです。信用情報機関の登録が解除されれば自己破産後であっても融資審査には通りますが、自己破産の時に被害を受けた金融業者からは借入ができない場合もあります。自己破産後は信用情報機関の登録が解除されなければ借入れはできないのです。