自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

自己破産すると携帯電話を買えなくなる?

貸金業者などから融資を受けた人の中には、複数の業者から借り入れをするなどして借金の金額が大きく膨らんでしまう人もいるでしょう。
そのような支払いができないほどの借金を抱えてしまったときの解決方法として、自己破産という手続きのことを耳にしたことのある人もいるのではないでしょうか。
自己破産をすることによって、全ての貸金業者からの支払い義務を免除してもらうことができますので、手続きが完了すると借金の無い安定した日常生活を取り戻すことが可能です。
自己破産の手続きでは全ての借金に対する返済義務を帳消しにしてもらうことが可能ですが、本人名義である財産についての処分をしなければなりません。
本人名義の財産を処分する点については、現在使っている携帯電話についてどうなってしまうのか気になると言えます。
日常生活を過ごしていく上で携帯電話は生活必需品であると言えますので、自己破産をしたときに処分するべき財産のうちに該当することはありません。
しかし、まったく影響がないということはできず、自己破産の申し立てをするときに携帯電話について割賦契約を行っている場合であれば、残った債務について届け出る対象となりますので、その時点で携帯電話を使用し続けることができなくなります。
割賦契約をしていない場合で、現在使用している間の通話料金についての滞納がなければ、継続的に使用することは可能です。
通話料について滞納しているときには、債務として申請するものに該当しますので、自己破産後において使用することはできません。