自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

自己破産の影響が出る期間とは?

自己破産とは、多額の借金などで経済的に生活が破綻してしまった人の救済策としての方法です。
自己破産の手続きを裁判上で行い、その申し立てが認められると借金が免責されてゼロになります。
すぐに自己破産の手続きを行っても、一定の期間が必要になります。
破産手続き開始決定が下りて免責許可の決定を受けなければいけませんが、それまでに一定の期間が掛かります。
弁護士や司法書士に手続きを依頼しても、平均で6カ月から1年ほどかかります。
その期間は、人によってそれぞれの状況が違うので正確にはいえません。
早い人の場合には、3ヶ月という場合もあります。
自己破産には、ある程度時間が掛かりますが、弁護士や司法書士に自己破産の依頼の手続きをした時点で、各債権者に弁護士や司法書士から受任通知書が発送されます。
この受任通知書が債権者に届いた時点で、しつこう督促の電話などを止まりますから、安心です。
毎日、お金の返済で悩んでいる人は、早めに弁護士や司法書士に相談する事が大切です。
自己破産は、デメリットとして官報に氏名や住所などが掲載されますが、この官報は民間の人が目にする事はほとんどありません。
ブラックリストに名前が登録されてしまいますから、通常の借入は一定の期間借入が出来なくなりクレジットカードも同様に一定の期間クレジットカードが使用出来ません。
しかし、借金で苦しむ日々を考えればたとえデメリットがあっても借金が免責される方が大きなメリットといえます。