自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

自己破産後にローンを組むには何年かかる?

世の中にはお金に困ったときに使うサービスとして、金融業者から借り入れが可能なものが数多く存在しています。
それらの金融業者のローンを利用することで、毎月返済していく必要性が出てきますし、金利の支払いも大変になってくることも考えられます。
借金問題において返済していくことが難しくなったときに、一番に考えられる解決方法としては自己破産の手続きをする方法があります。
自己破産後には金融業者などのカードローンや、その他の借り入れについての返済をしなくて済むようにできます。
自己破産では裁判所に借金の返済能力がないことを認めてもらうことによって、自己破産後の返済義務を免除してもらう手続きとなります。
自己破産をすることで借金を帳消しにすることが可能となりますが、財産を持っていたときには処分するなどのいくつかのデメリットも存在します。
全て完全にメリットだけではなくて、デメリットもある手続きとなる点に注意する必要があると言えるでしょう。
自己破産後のデメリットとしては、新規のローンやクレジットカードを作成しようと思ったときに、それぞれの融資会社の審査をとおりにくいという点があります。
自己破産をした経験者の場合には、信用情報機関において登録されることになりますので、その後に借り入れの申し込みをしたときに、金融業者の審査で調べることが可能になるので融資が受けられなくなります。
信用情報機関における登録が外れるのは、おおむね10年後ぐらいと言われています。