自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

自己破産の流れは?

自己破産は、借金によって生活するのが困難となってしまった場合に、債務を整理するための方法のひとつですが、手続きの流れはある程度パターンが決まっています。
自己破産では、まずは管轄の地方裁判所に対して、本人が破産手続開始の申立、免責許可の申立を同時に行うところからはじまります。この段階では、申立書や陳述書、戸籍謄本、住民票などの必要書類を、裁判所にあわせて提出することになります。
このあと、裁判官から面接によって簡単な質問を受ける審尋があり、裁判所が申立を認めれば破産手続開始決定が下されることになります。
このさきの流れは、本人が何らかの価値ある財産を持っている場合と、持っていない場合に分かれます。
まず、財産を持っている場合については、破産管財人とよばれる人が裁判所から選任されます。破産管財人は、本人から財産を提供してもらうと、これをひとまず金銭に換えて、債権者に対して公平に分配をする配当とよばれるプロセスを行ったあとで、破産手続終了となります。
いっぽう、分配するほどの財産がない場合は、同時廃止とよばれ、ただちに破産手続終了を迎えることになります。
ここからの流れとしては、省略される場合が多いものの、ふたたび審尋が行われ、そのあとで裁判所から免責許可の決定が出され、本人が残りの債務を支払わなくてよいという旨が決まります。
なお、ギャンブルなどによる浪費、虚偽による申立といった、債務の支払いを免責するのが不適切な理由が見つかったときは、ここで免責不許可決定が出され、自己破産で財産はすべて分配されたものの、支払い義務そのものは今後も残ってしまうという結果に終わることもあります。