自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

二回目の自己破産は可能?ポイントは?

消費者金融や銀行などのカードローン、クレジットカードのリボルビング払いでの多額の借り入れによって、「多重債務」に陥ってしまう人が少なくありません。カードローンやリボルビング払いは、通常のローンに比べて金利が非常に高めに設定されている上、借金をしている感覚があまりないため、自分の気がつかないうちに借り入れ金額が膨大になっていることがよくあります。多重債務に陥ってしまった場合、多くの人が「自己破産」を行って借金を帳消しにしています。自己破産などの債務整理を行うと、個人信用情報機関の信用情報にその事実が記載されるため、10年前後は新たな借り入れが出来なくなります。この状態を「ブラックリストに載る」と言います。しかし、いわゆる「ブラック状態」にある人でも借りられるローンは存在するため、自己破産後に再び借り入れを行い、その結果二回目の多重債務に陥る人もいます。二回目の自己破産をするためには、最初の自己破産から7年経過していなければなりません。また、一回目の時から7年が経過しており、裁判所に二回目の申し立てを行ったからといって、必ずしも自己破産が出来るわけではありません。あくまで裁判所から免責許可が下りなければ借金は帳消しにならない上、一回目の自己破産で何も学んでいない、何も反省していないと裁判所に見なされる可能性が高いため、免責許可が下りる確率は低くなります。万が一免責許可が下りなかった場合は、自力で返済するか別の債務整理方法を検討するしかありません。