自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

買い物や浪費が原因の自己破産は無理?

浪費癖のある人は、古くから多くいるとされます。こうした人々が借金苦に陥らないためには、買い物などの際に必要最小限のお金を持ち歩いたり、家計簿をつけるなどの対策を取ることが有効です。ただし、近年はオンラインショッピングや訪問販売などが普及し始めていることもあり、知らず知らずの間で余計な買い物をしてしまう人が後を絶ちません。
買い物の金額が高額になるにしたがって、金銭感覚が鈍ることが指摘されており、浪費癖も大きなハードルとなることが知られています。浪費癖のある人の特徴としては、クレジットカードなどの支払いに慣れていることで、現金の有難味が薄れていることが指摘されています。また、中には買い物依存症などのために自己破産の事態を招くこともあるため、より一層の注意が必要です。
自己破産をしたことは、社会生活において様々なシーンで不利になることがあり、最近では思うようにローンが組めないことはもちろん、職業選択の自由も奪われることが問題となっています。自己破産者のほとんどは、自力で生計を立てる能力が不足している傾向がみられ、生活保護をはじめとする公的な支援制度に頼る人もいます。
そうした事態を回避するために、買い物の在り方を見直すことや月々に自由に使うことができるお金をきちんと管理することが大切です。また、家族や知人などと買い物に一緒に出掛けることで、いざという時には浪費を指摘してもらうことも良いとされます。