自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

自己破産のための必要書類リスト

自己破産をする場合は裁判所へ申立てを行わなければなりません。自己破産の申立てには、口頭で行う方法と書類の提出によって行う方法がありますが、今日では口頭による申立ては殆ど行われておらず、専ら書類の提出によって申立てが行われています。
自己破産を申立てる際にはたくさんの必要書類を集めなければなりません。必要書類は大きく、裁判所で手に入れる書類と、裁判所には無く自分で用意する必要のある書類の2種類に分けられます。裁判所に手に入る必要書類は、破産手続開始・免責許可申立書、陳述書、債権者一覧表、財産目録、家計の状況の5種類です。各書類には、必要事項を細かく、かつ漏れが一切無いように記入しなければなりません。記入漏れがあった場合は申立てが棄却されたり、免責許可の決定を受けられないおそれがあるからです。
自分で用意する必要のある書類は自己破産の申立てを行う者のその時点での状況によって異なりますが、どの書類も申立ての内容に虚偽がないことを示す重要な証拠となります。そのため、いかなるケースであっても、足りない書類が一切無いようにしっかりと揃えておく必要があります。用意しなければならない書類の例としては、源泉徴収票、給与明細書、納税証明書、預金通帳、住民票、戸籍全部事項証明書、賃貸借契約書、不動産登記事項証明書、車検証、保険証券、クレジットカードなど、多数挙げられます。
なお、書類以外にも、自己破産の申立てでは申立手数料や予納郵券代、官報公告料などの費用の支払いが必要となるので、支払えるだけのお金も忘れずに揃えておきましょう。