自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

自己破産すると奨学金制度はどうなる?

奨学金の負担は、誰しもとても大きいものとされ、きちんと返済計画を立てて、無事に完済ができるように心掛ける必要があります。しかし、現代では新卒後に安定した就職先を見つけることができない若者も多くいることから、奨学金の滞納額が嵩んでゆくことについて悩まされている人が少なくないといえます。
一般的には、奨学金を毎月数万円づつ返してゆく人がほとんどですが、フリーターや派遣社員などで働いている人にとってみれば、こうした経済的な負担が生活苦を招くきっかけとなることがあります。そのため、いざという時には自己破産の制度を活用して、少しでも安定的な生活を取り戻すことがすすめられます。
自己破産によって債権が免除されてからは、奨学金の負担が一切なくなることから、生活の立て直しをするうえでも多くのメリットがあります。近年では、自己破産者のための相談窓口などを設けている司法書士や弁護士の事務所が都会に目立っており、奨学金を上手く返済できないときには、身近な事務所まで出向いてみることがよいでしょう。
自己破産によるリスクとしては、住宅ローンや自動車ローンなどを数年間にわたって組むことができなくなったり、信用情報に傷がついてしまうなどのことが挙げられます。その他、就職や転職などの際にも不利益を被る恐れがあるため、あらかじめ自己破産のメリットとデメリットを専門家の力を借りながらきちんと把握することが求められています。