自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

自己破産したらその後はどうなる?

自己破産したらその後、二度とクレジットカードを作れなくなったり、仕事を辞めたりしなければならなくなるのではと、不安に思っている人もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。むしろそれが心配で、自己破産に踏み切れず、返済できない負債を抱えたままになっている方が問題です。しかし、それでも不安ということはあるでしょうから、自己破産した具体的にどうなるのかを見て行きましょう。
まず自己破産したら、一定期間できなくなるのが、クレジットカードの申込やキャッシングなどです。これは、自己破産によって、信用情報にブラックが登録されるためです。登録機関は手続きが終わってから、その後約7年で、7年が過ぎたら、元通りにカードを作ったり、お金を借りたりができるようになります。ただし、自己破産の対象となった金融機関の審査は通りにくくなります。
それから、金融業や士業の人の場合は、免責が下りる前に、一時期仕事から離れるとか、部署を異動させられることがあります。また破産宣告をした時点で、氏名が官報に記載されます。しかしいずれの場合も、自分から言い出さない限り、他人に気づかれる心配はまず無いと考えていいでしょう。
それから、自己破産したら気を付けておきたいのが、闇金からの勧誘です。免責の後、あまり見聞きしない金融機関からシール式のハガキなどが届くことがありますが、これは闇金からの物と考えて間違いありません。闇金は違法業者で、高金利で貸し付けを行い、返済できない時はかなり厳しい取立てをしますので、絶対利用しないようにしてください。