自己破産の相談におすすめの弁護士事務所

自己破産後の生活

自己破産後の生活は今までの借金を一気に解消できてとても楽な感じがしますが、もちろんその代償があります。

 

自己破産を行った際は、自分の一定の財産を失ってしまいます。

 

土地やマイホーム、別荘等の不動産関連は全て差し押さえ対象です。

 

もし住宅ローンがある場合は、その後のローン支払いも行わなくて良くなりますが、それまでに支払いしたローンの分が損益になってしまいます。

 

自身が持っている現金や証券も徴収対象になり、99万円を超える現金や20万円を上回る預貯金や株券、有価証券、生命保険の解約返還金、20万円以上の資産価値のある動産に至っても差し押さえ対象になります。

 

資産価値が少ないものと少量の現金しか残らないのです。

 

現状持っているものを持っていかれるだけならば、痛くないと感じる人もいるかもしれませんがデメリットはその後の生活にも影響していきます。

 

自己破産は社会的信頼も落とされてしまいます。その為、引越しや長期の旅行を行うにしても裁判所への報告が義務付けられます。

 

報告申請をしたときは直ぐに許可を認めてもらうケースがほとんどですが、破産手続きが終わるまでずっと申請を行わなければなりません。

 

自己破産を行った人は、カード会社やローン会社のブラックリストにも載る為、クレジットカードの作成やローンの申請が行えなくなります。

 

買い物を行うのにも不便になるでしょう。

 

自己破産後の生活も決して楽ではないので、専門家の弁護士事務所などに相談してみることをおすすめします。